HOMEくらし・手続き税金固定資産税土地の評価について

土地の評価について

LINEで送る

土地とは、宅地、田、畑、鉱泉地、池沼、山林、牧場、原野、雑種地のことをいいます。

土地のイラスト

評価のしくみ

土地は、総務大臣の定める固定資産評価基準に基づき地目別に定められた評価方法により評価します。

  • 地目
    宅地、田、畑、鉱泉地、池沼、山林、牧場、原野、雑種地をいいます。評価上の地目は、土地登記簿上の地目にかかわりなく、その年の1月1日(賦課期日)の現況の地目によります。
  • 地籍
    原則として土地登記簿に登記されている地籍によります。
  • 価格
    固定資産評価基準に基づき、売買実例価額をもとに算定した正常売買価格を基礎として算出します。

評価方法

1.宅地の評価方法

  1. 道路、家屋の疎密度、公共施設等からの距離、その他宅地の利用上の便を考慮して地区・地域を区分
  2. 標準地(奥行、間口、形状等が標準的なもの)の選定
  3. 主要な街路の路線価の付設
    地価公示価格、都道府県地価調査価格及び鑑定評価価格の活用
  4. その他の街路の路線価の比準、付設
    街路の状況等を主要な街路の状況等を比較衡量して付設
  5. 地区、地域内の各筆の評価
    一画地の宅地ごとに評価額を算出します。一画地は、原則として、一筆の宅地ですが、利用状況によって、二筆以上の宅地を合わせたり、一筆の一部分をもって一画地とします。

※宅地の評価は、平成6年度の評価替えから地価公示価格の7割を目途に均衡化、適正化を図っています。

2.田、畑、山林の評価方法

宅地の評価方法と同様に標準地を設定し、その標準地の価格に比準して評価します。ただし、市街化区域農地や農地法の転用許可を受けた農地等は、状況の類似する付近の宅地等の評価額を基準にして求めた価格から造成費を控除した価額によって評価します。

3.牧場、原野、雑種地等の評価方法

売買実例価額や付近の土地の評価額に基づく方法により評価します。

課税標準の特例

固定資産税は課税標準額に税率を乗じて求めますが、その課税標準額は原則として固定資産税の評価額をそのまま用いることになっています。しかし、住宅用地に対する税負担を軽減するため、実際には、評価額よりも低い課税標準額を基礎としています。

住宅用地の特例

住宅やアパートなど居住用建物の敷地となっている「住宅用地」については、次のような特例措置があります。特例措置の対象となる「住宅用地」の面積は、敷地となっている土地の面積に次表の住宅用地の率を乗じて求めます。住宅用地に該当される場合、または該当されなくなった場合は、住宅用地適用(異動)申告書の提出をお願いします。

様式ダウンロード

住宅用地適用(異動)申告書(PDF 102KB)

住宅用地の率
家屋の用途 居住部分の割合 住宅用地の率
専用住宅 全部 100%
上記以外の併用住宅 1/4以上~1/2未満 50%
1/2以上 100%
特例内容
住宅用地の区分 住宅用地の率
小規模住宅用地(200m2以下の部分) 価格×1/6(特例率)
一般住宅用地(200m2を超える部分) 価格×1/3(特例率)

別荘についても、家屋を特定の人が年間を通じて利用している場合には、住宅と認められ、申告により住宅用地に対する課税標準の特例が受けられる場合がありますので、該当すると思われる方は、総務課税務係までお問い合わせください。

カテゴリー

お問い合わせ

税務会計課 税務係

電話:
026-255-5921
Fax:
026-255-6103

お知らせ

イベントカレンダー

人事・職員募集

このページの先頭へ