HOMEお知らせ秋の味覚をお届け!10/1-2 信州長野マルシェin霞が関
HOMEお知らせ観光・文化・スポーツ秋の味覚をお届け!10/1-2 信州長野マルシェin霞が関

秋の味覚をお届け!10/1-2 信州長野マルシェin霞が関

LINEで送る

長野広域エリアの6つの市町村から秋の味覚をお届けします

善光寺平と呼ばれてきたこの地域は、全国でも屈指のフルーツ王国でありながら、「信州そば」や「おやき」をはじめとして郷土料理なども堪能できます。

今回、エリア内の6つの市町村が自慢の”食”を提供します。

マルシェチラシ

2019信州長野マルシェボスター(PDF 6.68MB)

長野市、須坂市、千曲市、坂城町、信濃町、飯綱町

開催日

2019年10月1日(火曜日)から2日(水曜日)まで

開催時間

11:00から19:00まで(両日とも)

マルシェ会場

霞が関ビルディングLBF(2階)

アクセス

https://www.kasumigaseki36.com/access/

信濃町からの出品は高原の風を感じる乳製品2品

今回のマルシェで信濃町は、黒姫高原の牛乳を原料とするヨーグルトとプリンをお持ちします。

原料となる牛乳は黒姫高原牧場の酪農家の中からもっとも良い乳質(乳成分・衛生状態)のものを採用しています。

ヨーグルトづくりは、乳酸菌と仲良くつきあってこそできるものであり、完成に至るまでには何度も試作を繰り返して、本物の風味とコクを追及してきた定番商品です。

一方、プリンはその牛乳を原料にした町内のお菓子屋さんとの道の駅しなののコラボ商品で、道の駅しなのでしか販売していない限定商品です。

信州黒姫高原の「のむヨーグルト」

のむヨーグルト

低温殺菌した牛乳に、自社で培養した独自の乳酸菌を使って発酵させた生乳100%の本格的なヨーグルト。

その味はあくまでまろやかで、口当たりが良く、牛乳が苦手という方にもおすすめです。

黒姫高原牛乳使用「とろんぷりん」

とろんぷりん

その味はあくまでまろやかで、口当たりが良く、牛乳が苦手という方にもおすすめです。

道の駅しなのでしか買えない限定商品ですが、多くの方々に味わっていただきたく、今回、特別にお持ちいたしますので、是非ご賞味ください。

酪農は地域で描く循環型農業のかなめ

牧場の様子

信濃町の中心、黒姫高原一帯の酪農は、生産量は多くないものの、良い乳質を生産する酪農産地としての自負がかねてからありました。

 

堆肥発酵中

信濃町では、平成15年に牛達のふん尿を堆肥化するための施設「堆肥センター」を建設。

そこで作られる堆肥はJAながの(指定管理者)が販売し、地域農業の土づくりに生かす取り組みがスタートしています。

堆肥の散布

牛から美味しい牛乳をいただき、ふん尿は堆肥化し、甘くて美味しいトウモロコシを始めとした農作物を育む畑の土作りに使われてており、その作物の中には、牛達のエサとなる飼料作物も含まれます。

かご盛りやさい

当時の多くの酪農家たちの思いが、農と人と環境が大きな輪を描く循環型地域社会づくりにまで発展しています。

カテゴリー

地図

お知らせ

イベントカレンダー

人事・職員募集

このページの先頭へ