HOMEくらし・手続き税金軽自動車税軽自動車税の減免

軽自動車税の減免

LINEで送る

減免制度

身体等に障害をお持ちの方で、一定の要件を満たす場合には軽自動車税減免申請書を提出していただくと軽自動車税が減免されます。

軽自動車税の減免申請方法

いつ

減免を受けようとする年度の納期限の2日前まで

誰が

軽自動車等の所有者本人、所有者と同一世帯の方

受付窓口

税務会計課税務係

受付時間

午前8時30分から午後5時15分まで
(土曜、日曜、祝日は除く)

提出書類

持ち物

  • 身体障害者手帳又は精神障害者手帳等の障害の程度がわかるもの
  • 運転する方の運転免許証
  • 印鑑
  • 車検証
  • 納税通知書
  • マイナンバーカードまたはマイナンバー通知カード

減免の要件

身体障害者手帳等をお持ちの方で、表の等級と減免の要件1〜3すべてに該当される方は減免の対象になります。

  1. 障がい者本人名義の軽自動車であること[身体に障害をお持ちの方で、年齢18歳未満の方又は、精神に障害をお持ちの方(障害の程度は1級)については生計を一にする方が所有する軽自動車等を含む]
  2. 障がい者本人が運転する場合か、障がい者と生計を一にする方が、障がい者の方のために運転する場合
  3. 減免可能な台数は普通自動車、軽自動車、バイク等を含めて対象者一人に対して1台です。
    ※申請期間を過ぎると、該当される方でも減免を受けることが出来なくなりますので注意してください。

減免対象となる障害等級

減免対象となる障害等級
障害の区分 運転者の区分
本人 本人以外
視覚 1~4級
聴覚 2・3級
平衡 3級
音声(*) 3級 -
上肢 1・2級
下肢 1~6級 1~3級
体幹 1~3級
・5級
1~3級
脳原性 上肢 1・2級
移動 1~6級 1~3級
心臓/じん臓/呼吸器/膀胱/直腸/小腸 1・3級
免疫/肝臓 1~3級
知的障がい者 総合判定A
精神障がい者 1級
*・・・喉頭摘出による場合に限る

※戦傷病者の方の等級についてはお問い合わせください。

減免の継続

減免申請が承認され翌年度以降の継続減免をご希望された方は、減免要件を満たしている場合のみ翌年以降も継続して減免されます。
障害の等級、軽自動車の買換え、普通自動車への減免申請等に変更があった場合は、改めて申請していただく必要があります。

カテゴリー

お問い合わせ

税務会計課 税務係

電話:
026-255-5921
Fax:
026-255-6103

お知らせ

イベントカレンダー

人事・職員募集

このページの先頭へ