HOMEくらし・手続き税金固定資産税固定資産税について

固定資産税について

LINEで送る

固定資産税

固定資産税は、毎年1月1日(賦課期日)現在に土地、家屋、償却資産(これらを総称して「固定資産」といいます。)を所有している人がその固定資産の価格をもとに算定された税額を納めていただく税金です。

家屋

平成30年度 固定資産の評価替えを実施しました。

土地・家屋は3年ごとに評価の見直しを行います。

平成30年度評価替えに関するQ&Aはこちら

固定資産の種類

固定資産税を納める人

  • 土地
    土地登記簿又は土地補充課税台帳に所有者として登記又は登録されている人
  • 家屋
    建物登記簿又は家屋補充課税台帳に所有者として登記又は登録されている人
  • 償却資産
    償却資産課税台帳に所有者として登録されている人

税額決定までの手順

  1. 固定資産を評価し、価格を決定する。
  2. 決定した価格をもとに課税標準額を算定する。
    (課税標準額・・・課税標準額とは、税額計算のもとの額のことで、原則として固定資産の価格が課税標準額となります。ただし、土地については価格と異なることがあります。)
  3. 税額の計算
    課税標準額×税率(1.4%)=税額

免税点

町内に同一人が所有する土地、家屋、償却資産のそれぞれの課税標準額が次の金額に満たない場合は、固定資産税が課税されません。

  • 土地 30万円
  • 家屋 20万円
  • 償却資産 150万円

届出又は連絡が必要なとき

固定資産の所有者がお亡くなりになられた場合
※亡くなられた所有者に代わり書類等を受領する方を届出していただくものです。

家屋

未登記家屋の所有者名義を変更した場合

家屋を取り壊した場合

償却資産

毎年1月1日現在の事業用資産状況をその年の1月31日までに償却資産申告書により申告してください。

宛名

町外の方で、住所が変更になった場合は、税務係へご連絡ください。

土地

住宅の敷地の用に供されている土地(宅地地目)については、面積により税負担を軽減する制度があります。住宅用地に該当される場合、または該当されなくなった場合は、住宅用地適用(異動)申告書の提出をお願いします。

カテゴリー

お問い合わせ

税務会計課 税務係

電話:
026-255-5921
Fax:
026-255-6103

お知らせ

イベントカレンダー

人事・職員募集

このページの先頭へ