HOME健康・福祉介護保険介護保険で利用できるサービス(1)(要介護)

介護保険で利用できるサービス(1)(要介護)

LINEで送る

要介護認定のかたが利用できるサービス

食事介助を受ける人

要介護認定のかたが利用できるサービスを、介護サービスと言います。
介護サービスは『居宅サービス』『施設サービス』に分類されます。

居宅サービスとは、ご自宅で介護サービスを受けたり、ショートステイなどを利用してサービスを利用することです。
施設サービスとは、介護老人福祉施設等に入所していただきサービスを利用することです。

なおサービスを利用するには要介護の認定を受ける必要があります。

介護サービスの対象者とサービスの利用について

1.介護サービスを利用するには介護認定を受ける必要があります。

申請に必要なもの
  • 介護保険の被保険者証
  • 要介護認定申請書
  • マイナンバー通知
申請場所

住民福祉課介護支援係

申請から認定まで

30日以内に認定をおこないます

要介護認定申請書

要介護認定申請書はこちらをご利用ください。

住民福祉課介護支援係で申請していただき、その後ご自宅を訪問させていただきます。
訪問では、心身の状態や日中の生活状況、家族や居住環境などについて聞き取りを行います。
その結果、介護が必要と認められる場合は、介護認定がされます。

2.認定の結果、要介護と認定されたかたは介護サービスをご利用できます。

認定の結果、『要介護』と認定されたかたは、介護サービスをご利用できます。
『要支援』と認定されたかたは、介護予防サービスをご利用いただきます。『事業対象者』と認定されたかたは、総合事業を利用できます。

3.担当のケアマネジャーとご相談いただき必要な介護サービスを利用します。

介護サービスは、サービスの種類ごとに費用がかかります。
また、要介護度によって1ヶ月に利用できる利用限度額も違います。
サービスを利用するにあたっては、担当ケアマネジャーや地域包括支援センターと相談していただき、ご利用していただきます。

居宅サービスについて

1.居宅サービスを利用するには

食事介助を受ける人

介護保険の認定申請をされたかたが、自宅において介護サービスを利用することを居宅サービスといいます。

居宅サービスを利用するには、必要なサービスをケアマネジャーと相談しご利用ください。

なお、居宅サービスを利用するには、サービス利用計画を作成する必要があります。

申請用紙

居宅サービスの利用計画作成依頼(変更)届出書はこちらをご利用ください。

2.居宅サービスの種類及び費用について

居宅サービスには次の種類があります。
また、居宅サービスではサービス費用額の1割または2割をご自身で負担していただきます。
なお、次の表に記載されてる自己負担額についてはあくまでも目安になりますのでご注意ください。

居宅サービスの種類
サービス名 サービス内容 自己負担額(1割の方)
訪問介護
(身体介護)
入浴、食事、シーツ交換、通院の付き添いなどをおこないます。
20分~30分未満
約245円
30分から1時間未満
約388円
訪問介護
(生活援助)
食事の準備、買い物、清掃、洗濯などをおこないます。
20分から45分未満
約183円
45分以上
約225円
訪問入浴介護 移動入浴車などで訪問をして、入浴の介助をおこないます。 1回 約1,234円
訪問リハビリテーション リハビリの専門家が訪問をして、リハビリをおこないます。 1回 約302円
居宅医療
管理指導
医師、歯科医師、薬剤師、歯科衛生士などが訪問をして、薬の飲み方や、食事など療養上の管理・指導をおこないます。 1回 約503円
訪問看護 看護師などが訪問をして、介護予防を目的とした床ずれの手当てや、点滴の管理をおこないます。
30分未満
訪問看護ステーション
約463円
病院または診療所
392円
通所介護 デイサービスセンター等で、食事や入浴などの介護サービスや、機能訓練が日帰りで受けられます。
1日 7~9時間の場合
約735円~1,281円
通所リハビリテーション 介護老人保健施設や、病院、診療所で、日帰りのリハビリテーションなどが受けられます。
1日 6~8時間の場合
約726円~1,321円
短期入所生活 介護(ショートステイ) 介護老人福祉施設などに短期間入所をして、食事や入浴などの介護サービスや、機能訓練が受けられます。 1日 約620円~887円
※連続利用が30日以上のときは全額自己負担となります
短期入所
療養介護
介護老人保健施設などに短期間入所をして、医療や介護、機能訓練が受けられます。 1日 約983円~1,192円
※連続利用が30日以上のときは全額自己負担となります
特定施設入居者生活介護 有料老人ホームなどで、食事や入浴などの介護サービスや、機能訓練が受けられます。 1日 約533円から798円

3.居宅サービスの利用限度額について

ご自身の要介護認定度により、1ヶ月間にサービスを利用できる限度額が決まっています。
要介護認定別の1ヶ月間の利用限度額は以下のとおりです。
なお、限度額を超えてご利用したときはサービス費用は全額自己負担となります。

居宅サービスの利用限度額
要介護度 1ヶ月の利用限度額
要介護1 166,920円
要介護2 196,160円
要介護3 269,310円
要介護4 308,060円
要介護5 360,650円

施設サービスについて

1.施設サービスを利用するには

介護

介護保険の認定申請をされた人が、施設の介護サービスをご利用することを施設サービスといいます。
施設サービスをご利用するには、入所したい施設に直接申し込みをしていただき、契約を結ぶ必要があります。

2.施設サービスの種類

施設サービスとは、要介護者がどのような介護が必要かにより、ご自身の状態に適した施設に入所をしていただき介護サービスを受けることです。
なお、施設については次の種類があります。
また、施設サービスをご利用いただいたときは、施設サービス費1割または2割のほか、居住費、食費、日常生活費をご負担していただきます。

施設サービスの種類
施設名 施設の詳細
生活介護が中心の施設
介護老人福祉施設
つねに介護が必要で、自宅では介護が出来ない人が対象(原則、要介護3以上)となる施設です。
食事、入浴、排泄など日常生活の介護や、健康管理を受けられます。
介護やリハビリが中心の施設
介護老人保健施設
病状が安定し、リハビリに重点を置いた介護が必要な人が対象となる施設です。
医学的な管理のもとでの介護や看護、リハビリを受けられます。
医療が中心の施設
介護療養型医療施設
病状は安定しているものの、長期間にわたり療養が必要な人が対象となる施設です。
介護体制の整った医療施設で、医療や看護などを受けられます。

3.施設サービスの自己負担費用額について

施設サービスの自己負担費用額は、施設サービス費の1割(2割)のほか、居住費、食費、日常生活費の合計が自己負担費用額となります。

施設サービスの自己負担費用額
介護サービス費の
1割分(2割分)
居住費 食費 日常生活費 ご負担いただく費用

4.施設サービスの居住費と食費について

負担する額は各施設により異なります。
詳しくは、入所される施設にご確認ください。
なお、世帯に住民税を課税されている人がいる場合は、以下の表の金額が目安となります。

施設サービスの居住費と食費について
区分 居住費 食費
ユニット型個室 1,970円 1,380円
ユニット型準個室 (従来型個室) 1,640円
(1,150円)
1,380円
多床室 370円
(特養840円)
1,380円

5.施設サービスを利用したとき低所得者の人は居住費と食費が軽減されます

次の表にあてはまる人は、施設サービスをご利用したときの居住費と食費が軽減されます。
なお、負担の軽減を受けるためには、住民福祉課介護支援係で申請が必要です。

申請用紙

食費および居住費の減額申請書はこちらご利用ください。

※申請には、上記の申請書のほか、ご本人と配偶者の預貯金等の写しとご印鑑が必要となります。

所得の低い方の居住費・食費の負担上限額(日額)
区分 ユニット型個室の居住費 ユニット型準個室の居住費
(従来型個室)
多床室の居住費 食費
1.老齢福祉年金受給者で住民税非課税または生活保護の受給者など 820円 490円
(320円)
0円 300円
2.世帯全員が住民税非課税で、課税年金収入額と合計所得金額の合計が80万円以下の人 820円 490円
(420円)
370円 390円
3.世帯全員が住民税非課税で上記2に該当しない人 1,310円 1,310円
(820円)
370円 650円

※ご注意ください
上記表中のカッコ内の金額は、特別養護老人ホームに入所または短期入所生活介護を利用した場合の従来型個室の額になります。

カテゴリー

お問い合わせ

住民福祉課 介護支援係

電話:
026-255-4214
Fax:
026-255-6207

お知らせ

イベントカレンダー

人事・職員募集

このページの先頭へ