HOME記事信濃町の伝統野菜を知って・育てて・触れて・学ぼう!

信濃町の伝統野菜を知って・育てて・触れて・学ぼう!

LINEで送る

【6/18(土)イベント開催】信濃町の伝統野菜を知って・育てて・触れて・学ぼう!

信濃町の伝統野菜を知って、育てて、触れて、学ぼう!

イベントチラシ「信濃町の伝統野菜を知って、育てて、触れて、学ぼう!」(PDF 1.39MB)

信濃町の伝統野菜をご存知ですか?信濃町では、「ぼたごしょう」・「黒姫もちもろこし」・「からごしょう」・「冬ささぎ」の4品種が信州の伝統野菜として登録されています。

伝統野菜とは、地域の気候風土に適応し、特徴的な味や形、香りなどを持ち、貴重な「食の文化財」として脈々と受け継がれてきた多種多様な野菜であり、長野県では、全国有数の伝統野菜の宝庫として県内各地に残る貴重な伝統野菜を次代につないでいくため「信州伝統野菜認定制度」を設立しています。

そんな歴史や地域の想いが詰まった伝統野菜をより深く知っていただくため、イベントを開催することになりました。

当日は、伝統野菜をテーマにしたドキュメンタリー映画「よみがえりのレシピ」の特別上映会のほか、伝統野菜の種・苗を無料配付、栽培講習会があり、伝統野菜を知るだけでなく、ご家庭で生育もお楽しみいただけます。

また、9月には伝統野菜を使った料理教室、11月には種取り教室も予定しています。

信州の伝統野菜公式ホームページ

内容1 映画「よみがえりのレシピ」特別上映会

あらすじ:
栽培者自身が種苗を管理し守ってきた在来作物は、世代を超えて地域に受け継がれてきました。しかし品種改良された作物より収量が少なく、病気にも弱いことから市場で評価されず、多くは消失してしまいました。
そんな時代に独自の料理法で在来作物の存在に光を当てた“山形イタリアン”「アル・ケッチャーノ」の奥田政行シェフ。野菜の個性的な味・食感・香りを生かした料理には、新鮮な魚介や肉と地域の風土や、物語も盛り込まれます。
また焼き畑農法を研究する江頭宏昌先生は「ここにしかない価値」を秘める在来作物が地域再生の起爆剤になると確信しています。
さらなる主役は、手間を惜しまず種(たね)を守り続ける農家の人たち。その笑顔と心意気を感じることで、何気ない日々の生活が少しだけ違って見える、そんな魅力が『よみがえりのレシピ』には溢れています。

映画「よみがえりのレシピ」紹介ページ
2011年製作、上映時間95分
監督:渡辺 智史
キャスト:江頭宏昌、奥田政行、在来作物を守り継ぐ人々ほか

内容2 伝統野菜栽培講習会

栽培農家

伝統野菜を栽培している地元農家さんから栽培のアドバイスを聞くことができます。

内容3 伝統野菜の苗・種の無料配布

からごしょうの苗

信濃町の伝統野菜(ぼたごしょう・黒姫もちもろこし・からごしょう・冬ささぎ)4品種の苗や種を無料配布いたします。
ご家庭で実際に育てていただき、伝統野菜を守り受け継ぐ活動にご参加いただきます。

日時

令和4年6月18日(土曜日)13:30〜16:00
※13:00から受付開始

会場

黒姫童話館全景

黒姫童話館(上水内郡信濃町大字野尻3807−30)

Google Maps

※駐車場に限りがございます。できる限り乗り合わせの上ご来場願います。

対象者

信濃町民または周辺地域にお住まいの方

申込方法

専用の申し込みフォームからお申し込みください。

参加申込みフォーム

主催

信濃町

イベントチラシ「信濃町の伝統野菜を知って、育てて、触れて、学ぼう!」(PDF 1.39MB)

※本事業は、長野県地域発元気づくり支援金を活用しています。

カテゴリー

申込締切
2022年6月10日 17時00分

地図

お知らせ

イベントカレンダー

このページの先頭へ