トップ記事将棋教室(11/15)

将棋教室(11/15)

11月15日(水)に地域交流施設で、11月の放課後子ども教室「将棋教室」が行われ、4年生〜6年生までの児童10名が参加しました。
11月は、「将棋教室(水曜日)」と「スポーツ教室(木曜日)」が行われています。
今回は、2回目の「将棋教室」の様子をお伝えします。

講師は、佐藤さんです。
講師の佐藤さん

今回の将棋教室は、「将棋をやったことがない」という子の参加がほとんどのため、すべての回で「将棋に慣れ親しんでもらおう」をテーマに行っています。
前回の教室では、「将棋の盤と駒に慣れる」をテーマに、はさみ将棋を行いました。

2回目のテーマは「駒の価値を知る」
駒の得点表
それぞれの駒に点数をつけ、点数を多く取った方が勝ちになるルールの「どろぼう将棋(将棋崩し)」を行いました。
歩兵は1点で、桂馬・香車は3点、金将・銀将は7点。飛車と角行は10点で、王(玉)将は15点と、価値が高い駒ほど点数が高くなる仕組みです。

みんな、どろぼう将棋はやったことがあるようで、すぐに対局が始まりました。
ただ、今日のルールは駒を多く取った方が勝ちではないので、なるべく高得点の駒を取ろうと、考えながら駒を取っていました。
どろぼう将棋の様子その1 どろぼう将棋の様子その2

どうぶつ将棋の様子その3 どうぶつ将棋の様子その4

途中、「この駒はなんて読むの?」との声が出たので、佐藤先生から駒の読み方について説明をいただきました。
駒の読み方の説明の様子

1回目では盤と駒に慣れ、2回目では駒の価値を知りました。
次回は、どうぶつ将棋を使って、遊びながら「駒の動き」を教えてもらいます。

問い合わせ

地域交流施設:026−255−4127

カテゴリー

LINEで送る

新着情報

イベントカレンダー

2020年9月
曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10

ページトップへ