トップ記事【コロナワクチン】小児(5〜11歳)の接種について

【コロナワクチン】小児(5〜11歳)の接種について

ファイザー社の小児用新型コロナウイルスワクチンが日本でも使用できるようになりました。

なお、小児の接種は強制ではありません。正しい知識を持ったうえで、感染症予防の効果と副反応のリスクの双方についてご家族でよく話し合い、接種するかどうか決めてください。
また、保護者の方の同意なく接種が行われることはありません。
なお、身体的な理由やさまざまな理由によって接種できない方や接種を望まない方もいます。
周りに接種を強制したり、接種していない方に差別的な扱いをすることのないようお願いいたします。

対象者

接種日当日に信濃町の住民基本台帳に記録されている5歳以上(※1)、11歳以下(※2)のお子さんが対象です。
接種を受ける前に、不安がある方は、事前にかかりつけ医などにご相談ください。

※1:5歳の誕生日の前日から接種可
※2:12歳の誕生日の前日まで接種可
12歳の誕生日当日以降は、12歳以上用ワクチン接種のみ対象となりますのでご注意ください。

基礎疾患のある小児への優先接種について

※慢性呼吸器疾患、先天性心疾患など、重症化リスクの高い基礎疾患(※)を有する方には接種が推奨されています。接種にあたっては、あらかじめ保護者とご本人の健康状態を把握しているかかりつけ医でよくご相談ください。かかりつけ医等で接種される場合は接種券を発送しますのでご連絡ください。

(※)日本小児科学会では、新型コロナウイルス感染症の重症化リスクが高い疾患の一覧等を公表しています。新型コロナウイルスワクチン接種に関する、小児の基礎疾患の考え方および接種にあたり考慮すべき小児の基礎疾患等(日本小児科学会)

7月の接種日

    日 程
接種1回目 7月8日(金)
接種2回目 7月29日(金)

※1回目と2回目はセットになっています。2回目は1回目の3週間後(21日後)にご案内しているため、組み合わせは変えられません。

受付時間

午後2時30分から午後3時まで

受付場所

信越病院(小児科)

接種間隔

3週間の間隔をあけて、合計2回接種

2回目の接種日時は自動的に3週間(21日)後の同じ曜日・同じ時間に予約となります。
発熱などのやむを得ない場合を除き、原則として2回目の日時は変更できませんので、1・2回目ともに接種可能な日時を予約してください。

接種期間

令和4年3月から令和4年9月30日までの予定です。

使用するワクチン

ファイザー社の小児用ワクチン
※ファイザー社の12歳以上用のワクチンに比べて、有効成分が3分の1になっています。

12歳になる誕生日前後に接種する場合、下記のとおり使用するワクチンが変わります。

12歳になる誕生日までに1回目を接種する場合、2回目の接種が12歳以上であっても、1回目2回目ともにファイザー社の小児用ワクチンを使用します。
まもなく12歳の誕生日を迎える方で、どちらのワクチン(小児用・大人用)を接種するか迷われている方は、かかりつけ医などにご相談ください
なお、小児のワクチン接種を受けずに12歳になった場合も、接種券・予診票は、そのまま12歳以上のワクチン接種の接種券・予診票として使用できます。

接種の年齢とワクチン
1回目接種時の年齢 2回目接種時の年齢 接種するワクチン
11歳 11歳 1、2回目ともに小児用(5〜11歳用)コロナワクチン
11歳 12歳(誕生日の前日以降) 1、2回目ともに小児用(5〜11歳用)コロナワクチン
12歳(誕生日の前日以降) 12歳(誕生日の前日以降) 1、2回目ともに大人用(12歳以上用)コロナワクチン

接種による効果と副反応について

国が、現時点で公表している情報によると、以下のとおりとされています。

 <効果>
 接種を受けると、体内の中で新型コロナウイルスと戦う仕組み(免疫)ができ、新型コロナウイルス感染症の症状が出にくくなります。5~11歳における2回接種後7日以降の発症予防効果は、90.7%と報告されています(※)。
 (※)オミクロン株が出現する前のデータです。
 
 <副反応>
 接種後に注射した部分の痛み、疲れた感じ、頭痛、発熱等の症状が確認されていますが、ほとんどが軽度または中等度であり、現時点で得られている情報からは、安全性に重大な懸念は認められていないと判断されています。

数日以内に起こることがある症状
症状が出た人の割合 症状
50%以上 注射した部分の痛み、疲れた感じ
10〜50% 頭痛、注射した部分の赤み・はれ、筋肉痛、寒気
1〜10% 下痢、発熱、関節痛、嘔吐

ごくまれですが、海外では小児でも軽症の心筋炎を発症した例が報告されています。
米国では、接種後の心筋炎の報告率は、5~11歳の男子の方が、12~15歳や16~17歳の男子より低いとされています。
接種後4日程度の間にお子様に胸の痛み、動悸、息切れ、むくみ等の症状がみられた場合は、速やかに医療機関を受診して、接種を受けたことを伝えてください。
なお、心筋炎と診断された場合は、一般的には入院が必要となりますが、多くは安静によって自然回復します。ごくまれですが、海外では小児でも軽症の心筋炎を発症した例が報告されています。
詳しくは、下記のページをご覧ください。
新型コロナワクチンQ&A(厚生労働省)

接種後に副反応が疑われる症状が生じた場合

接種後に副反応が疑われる症状が出て、医療機関の受診を希望される場合は、

 1  まずは、かかりつけ医など身近な医療機関を受診してください。
 2  診察の結果、専門的な対応が必要だと医師が判断した場合は、専門的医療機関が紹介されます。(注)

(注)2の専門的医療機関を受診するためには、かかりつけ医など身近な医療機関を受診した上で、医師からの紹介を得ることが必要です。

接種したことにより健康被害が生じた場合

種により健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になった場合や、障害が残った場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)を受けることができます。詳しくは「予防接種健康被害救済制度(厚生労働省)」をご覧ください。

注意事項

  • 接種には保護者(親権を行う者または後見人)の同伴が必要です。やむを得ない理由で同伴できない場合は、お子さんの健康状態を普段からよく知っている親族が同伴することができます。ただし、その場合は委任状が必要です。
  • ワクチン準備のため、予約後の日程変更は原則ご遠慮ください。やむを得ない理由で変更を希望される方は予約受付専用ダイヤルへ3日前までに連絡をお願いします。
  • 当日、体調が悪い場合は接種を見合わせ、予約受付専用ダイヤルへご連絡ください。
  • 前後に他の予防接種を受ける場合は、新型コロナワクチンから原則として13日以上の間隔を空けてください。他の予防接種を同時に同一の子どもに接種することはできません。

接種に関するお問い合わせについて

問い合わせ先一覧
主な問い合わせ内容 問い合わせ先 対応時間
基礎疾患や副反応など、ワクチン接種に関する具体的な問い合わせ

長野県ワクチン接種相談センター

026−235−7380

24時間(無休)
新型コロナワクチンについての総合的な問い合わせ

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

0120-761-770

午前9時から午後9時(無休)

関連リンク

カテゴリー

LINEで送る

新着情報

イベントカレンダー

2022年8月
曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10

ページトップへ