トップ母子の健康・予防接種子どもの予防接種インフルエンザ菌b型(Hib)

インフルエンザ菌b型(Hib)

平成25年4月1日から、定期予防接種となりました。 

 Hib感染症は、ヘモフィルスインフルエンザ菌b型という細菌によって発生する病気で、そのほとんどが5歳未満で発生し、特に乳幼児で発生に注意が必要です。
 特に気道の分泌物により感染を起こし、症状がないまま菌を保有(保菌)して日常生活を送っている子どもも多くいます。この菌が何らかのきっかけで進展すると、肺炎、敗血症、髄膜炎、化膿性の関節炎等の重篤な疾患を引き起こすことがあります。

  

接種対象者

生後2か月~5歳未満

 

接種回数

1回目接種時の年齢(月齢)によって接種回数が異なります。各年齢(月齢)でのスケジュールについては以下のとおりです。

 (1)生後2か月以上7か月未満のお子さんの場合(合計4回)
    27日(医師が必要と認めた場合は20日)~56日の間隔で1歳になるまでに3回接種、
    3回目終了後7~13か月の間に1回接種。
 (2)生後7か月以上1歳未満のお子さんの場合(合計3回) 
    27日(医師が必要と認めた場合は20日)~56日の間隔で1歳になるまでに2回接種、
    2回目終了後7~13か月の間に1回接種。
 (3)1歳以上5歳未満のお子さんの場合(1回のみ)
    1回接種する。
 
 ※1 : すでに自己負担で接種を開始している場合は、接種済み回数の続きからの接種となり
     ますので、接種回数が合計回数を超えないようにご注意ください。
 ※2 : 平成23年3月の接種の一時的な見合わせのために接種間隔が空いた場合も、ワクチン
     接種を受けた後の免疫への効果には問題ないとされています。
 

 関連リンク

 Hib感染症(リンク先:厚生労働省ホームページ)

カテゴリー

お問い合わせ

住民福祉課 保健予防係

電話:
026-255-3112
Fax:
026-255-6207
LINEで送る

イベントカレンダー

2020年9月
曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10

ページトップへ