子どもの予防接種一覧

予防接種は感染症からお子さんを守るために行われます。お母さんから赤ちゃんにプレゼントされた、病気に対する抵抗力(免疫)は、徐々に失われ、赤ちゃん自身で免疫をつくって病気を予防する必要がでてきます。
感染症に対する免疫をつけて病気にかかりにくくするとともに、感染のおそれのある疾病のまん延を防止できる最も効果的な方法です。
子どもは成長するにつれ、外出の機会も増え、保育園などの集団生活に入っていきます。
予防接種で免疫をつけ、病気にかからないようにしましょう。

予防接種を受けるにあたっての注意事項

●予防接種ガイドブック「予防接種と子どもの健康」をよく読み、予防接種について理解しましょう。

●予防接種には、それぞれ適した年齢があります。対象年齢になりましたら、なるべく早い時期に接種を受けましょう。

●予防接種は、体調のよい時に受けましょう。体調の悪い場合は、その日は見合わせ、別の日程で受けましょう。

●予診票(問診票)は、責任をもって記入し、当日母子健康手帳とともに会場にお持ちください。

◇町で実施している予防接種の種類

対象疾病(ワクチン)

標準的な接種期間

接種回数・接種間隔

対象年齢

B型肝炎 生後2か月以上1歳未満

1回目と2回目の間隔は27日(4週間)以上
1回目と3回目の間隔は139日(20週)以上

1歳未満

インフルエンザ菌b型(Hib)

初回

生後2か月以上7か月未満

(5歳までは標準的な接種パターン以外として接種することができます)

27~56日までの間隔で3回接種

生後2か月~

5歳未満

追加

3回目接種後から7~13か月までの間隔をおいて

1回接種

小児用肺炎球菌

初回

生後2か月以上7か月未満

(5歳までは標準的な接種パターン以外として接種することができます)

27日以上の間隔で3回接種

(生後12か月までに)

生後2か月~

5歳未満

追加

3回目接種後から60日以上あけて接種

1回接種

生後12か月~15か月の間に接種

四種混合(DPT-IPV)

(ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ)

1期

初回

生後3か月~7歳6か月未満の乳幼児

(望ましい期間:生後3か月~1歳未満)

20日~56日までの間隔で3回接種

生後2か月~

7歳6か月未満

1期

追加

1期初回3回目接種後、1年~1年半後

1回接種

不活化ポリオ(IPV)

1期

初回

生後3か月~7歳6か月未満の乳幼児

(望ましい期間:生後3か月~1歳未満)

※生ポリオを2回接種している児は、

 不活化ポリオを受ける必要はありません

生ポリオ0回接種の児…3回接種

生ポリオ1回接種の児…2回接種

(20日以上の間隔を開けてください)

生後2か月~

7歳6か月未満

1期

追加

1期初回3回目終了後、1年~1年半後

 ↑生ポリオ1回接種の児は2回目終了後

1回接種

BCG

 

望ましい期間:生後5か月~7か月

1回接種

生後3か月~

1歳未満

水痘(水ぼうそう)

 

望ましい期間:

 1回目:生後12か月~15か月未満

 2回目:1回目接種終了後6か月~12か月までの間隔をおく

2回接種

1歳~3歳未満

MR(麻しん風しん混合)

1期

1歳を過ぎたら出来るだけ早く接種してください

1回接種

1歳~2歳未満

2期

保育園の年長相当児

1回接種

小学校入学1年前

日本脳炎

1期

初回

3歳~7歳6か月未満の幼児

(望ましい期間:3歳~4歳未満)

7日~28日までの間隔で2回接種

第1期:3歳~7歳6か月未満

第2期:9歳~13歳未満

1期

追加

1期初回2回目終了後、おおむね1年おく

(望ましい期間:4歳~5歳未満)

1回接種

2期

9歳~13歳未満

(望ましい期間:9歳)

1回接種

二種混合(DT)

(ジフテリア・破傷風)

 

望ましい期間:12歳

※混合接種第1期が終了している人

1回接種

11歳~13歳未満

子宮頸がん

 

小学6年生~高校1年生相当年齢の女子

3回接種

 

カテゴリー

お問い合わせ

住民福祉課 保健予防係

電話:
026-255-3112
Fax:
026-255-6207
LINEで送る

イベントカレンダー

2020年2月
曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
1 2 3 4 5 6 7

ページトップへ