HOMEお知らせ産業・仕事町内で野生イノシシのCSF(豚熱)感染が確認されました
HOMEお知らせ町内で野生イノシシのCSF(豚熱)感染が確認されました

町内で野生イノシシのCSF(豚熱)感染が確認されました

LINEで送る

令和2年3月12日に信濃町内で捕獲された野生イノシシについて、令和2年3月17日の検査結果によりCSF(豚熱)の感染が確認されました。

死亡したイノシシを発見した場合は、信濃町役場産業観光課農林畜産係までご連絡をお願いします。

死亡したイノシシを発見した場合の連絡先

 信濃町役場 産業観光課 農林畜産係 026-255-3113

伝染防止のため、死亡したイノシシに近づいたり触ったりせず、死体を移動させないでください。                        

森林内に入る場合

 豚熱ウィルスは、イノシシのフンなどに混ざっているため、靴底や衣類、車のタイヤなどに付着する場合があります。

感染拡大を防ぐため、下山後は靴底などの泥をよく落としてください。

 

豚コレラは、豚、イノシシの病気であり人に感染することはありません。

また、感染豚の肉が市場に出回ることはありません。

 

詳しくは、長野県のホームページで、ご確認ください。

https://www.pref.nagano.lg.jp/enchiku/swinefever.html(長野県農政部家畜防疫対策室)

カテゴリー

お知らせ

イベントカレンダー

人事・職員募集

このページの先頭へ