HOMEくらし・手続き防災情報災害に備える

災害に備える

LINEで送る

日本は『地震の巣』といわれるくらいに、いたるところで大地震が発生する可能性があるといわれています。
地震が発生すると、身の回りの家具などが凶器になる場合があります。日頃からの備えがとても大切です。

安全対策の点検を

家具の転倒防止

  • L字型金具とネジで、家具を直接支柱に固定する
  • フック付きのネジと針金又はチェーンで柱と家具を結ぶ
  • 支え棒(つっぱり棒)で、天井と金具を固定する
  • 観音開きの扉は、止金具をつける
  • 重ねてあるタンスは、平行金具で連結する
  • 本棚は、重い本を下に、軽い本を上に入れ重心を低くする。
  • テレビはゴム製ストッパーを付け、動きにくくする。

逃げ道の確保

  • 廊下や玄関に余計な物を置かない。

万が一の避難の準備はできていますか?

災害時に身を守るには、日頃からの対策や準備が重要です。必要最低限のものを、すばやく持ち出せるように準備しておきましょう。

3日分を目安として、リュックサックなどにまとめましょう。

食料品などは、リストをつくって消費期限がわかるようにし、定期的に確認しましょう。

持ち出し品・備蓄品

  • 飲料水・非常食(乾パン、缶詰など)・・・3日分を目安に。水は一人1日3リットルが目安。
  • ナイフ、缶切、栓抜き
  • 携帯ラジオ・懐中電灯(予備の電池も)
  • ロウソク、ライター
  • ヘルメット、ずきん
  • 上着、下着、軍手
  • タオル、ティッシュ
  • 救急医薬品、常備薬
  • 現金、貴重品
  • 健康保険証の写し

カテゴリー

お問い合わせ

総務課 庶務係

電話:
026-255-3111
Fax:
026-255-6103

お知らせ

イベントカレンダー

人事・職員募集

このページの先頭へ