HOME産業・仕事農林業振興水田活用の直接支払交付金(転作助成金)に係る堆肥施用確認書類の提出について
HOME町政情報組織から探す産業観光課農林畜産係水田活用の直接支払交付金(転作助成金)に係る堆肥施用確認書類の提出について

水田活用の直接支払交付金(転作助成金)に係る堆肥施用確認書類の提出について

LINEで送る

戦略作物等及び地域振興作物で堆肥施用による生産性向上を支援します

信濃町における経営所得安定対策の「水田活用の直接支払交付金(転作助成金)」では、産地交付金として生産性向上の取り組み(牛ふん堆肥の施用)を行った場合、交付金が上乗せされます。

今年度、対象となる方々には9月20日に通知を発送いたします。

対象作物の作付けに当たり、堆肥を活用された方は、堆肥施用確認書と関係書類を期限までに御提出ください。

対象要件

次のとおり牛ふん堆肥を施用した場合に、面積に応じて交付金が上乗せされます。

堆肥加算の要件(施用量の基準)※基準に満たない場合は加算されません。
対象作物 10アール当たりの施用量
大豆、麦、そば 1トン以上
スイートコーン、トマト(加工用含む)、かぼちゃ、なす、ピーマン(ぼたごしょう含む)、飼料作物 2トン以上
  • 牛ふん堆肥は、町内産の牛ふんを主原料としたものに限ります。
  • 鶏ふんや廃オガ(コーンコブ)等は対象となりません。

提出書類

提出場所

次のいずれかの窓口へ御提出ください。

  • 信濃町役場 産業観光課 農林畜産係
  • JAながのアグリサポート信濃町

提出締切

令和元年10月11日(金曜日)※期限厳守

カテゴリー

お知らせ

イベントカレンダー

人事・職員募集

このページの先頭へ