HOME健康・福祉保健・健康・医療福祉医療費制度

福祉医療費制度

LINEで送る

制度について

福祉医療は、乳幼児等、障がい者、母子・父子家庭等の方が医療を受けた場合、医療費(自己負担額)の一部を町が助成する制度です。
対象者には申請により「福祉医療費受給者証」が交付されます。

jyukyusyasyou.jpg

対象となる方

子ども(乳幼児等)

0歳から18歳到達の年度末までのお子さん

障がい者

  1. 身体障害者手帳1・2級の方
  2. 身体障害者手帳3・4級の方
  3. 療育手帳A1・A2・B1の方
  4. 精神保健福祉手帳1級・2級の方(外来分のみの支給)
  5. 65歳以上国民年金法施行令別表該当
  6. 国民年金法施行令別表1級9・10・11号該当者

母子家庭・父子家庭

母子家庭等

  1. 母子家庭の母であって、現に18歳未満の児童を扶養している方
  2. 母子家庭の母に扶養されている18歳未満の児童
  3. 父母のない18歳未満の児童

父子家庭

  1. 父子家庭の父であって、現に18歳未満の児童を扶養している方
  2. 父子家庭の父に扶養されている18歳未満の児童

それぞれの家庭の所得状況により、対象となるか判断をします。
なお、乳幼児・小学生等、障がい者、母子・父子家庭それぞれの状況により所得基準は異なります。
対象区分の一覧および所得基準の情報は下記表よりご確認ください。

福祉医療費受給資格一覧.pdf (PDF 100KB)

助成内容

病院・薬局で支払った自己負担額から一部負担金(1レセプトあたり500円)を差し引いた金額を診察月の2~3ヶ月後に指定口座へお振り込みます。

申請について

 申請に必要なものは次のとおりです。申請により受給者証が交付されます。

受給者証をなくしたとき

住民福祉課福祉係窓口にて再発行の手続きをおこなってください。再発行に必要なものは次のとおりです、。

受給者証の使い方

受給者証は、健康保険証と一緒に医療機関、薬局に毎回提示してください。
長野県外の医療機関等で受診した場合や医療機関等への提示を忘れた場合は、別に払い戻しの手続きが必要です。

払い戻しの手続きについて

県外の病院・薬局で受診し、通常の自己負担割合(2割もしくは3割)の額を支払ったときは、払い戻しの申請をしてください。審査後に助成額を指定口座へ振り込みます。
ただし、受診した月の末日から6か月以内に申請したものに限ります。
住民福祉課福祉係窓口で手続きをおこなってください。

  • 福祉医療費給付金支給申請書(住民福祉課福祉係窓口にあります)
  • 印鑑
  • 医療機関で発行された領収書

更新について

毎年8月1日を基準日に、福祉医療の受給者証が更新されます。
対象の方には、7月中旬に受給者証をお届けいたします。
以下の場合は、手続きが必要になりますので、住民福祉課福祉係まで届出を行ってください。

  • 氏名・連絡先・住所が変わった
  • 健康保険証が変わった
  • 振込口座を変えたい
  • 町外へ転出する

 

 

カテゴリー

お問い合わせ

住民福祉課 福祉係

電話:
026-255-1179
Fax:
026-255-6207

お知らせ

イベントカレンダー

人事・職員募集

このページの先頭へ