HOME健康・福祉介護保険地域包括支援センター

地域包括支援センター

LINEで送る

住み慣れた地域の中で、相談を受けたり、高齢者を見守ったり、心身の状態に合わせた支援を調整する総合的なサービス拠点が地域包括支援センターです。

地域包括支援センターの役割

地域包括支援センターの役割は、『地域の高齢者の状態を把握し、介護予防を推進する』、『高齢者や家族の総合的な相談を受け付けて支援をする』、『高齢者の虐待防止と権利擁護のための活動をする』、『より良い介護のために、ケアマネジャーを支援する』ことを目的としています。

地域包括支援センターの役割
事業名 事業内容
地域支援事業 介護認定の非該当者や、総合事業対象者が、重度化しないように予防サービスや総合事業などを提案します。
介護予防支援事業 要支援認定に該当したひとが、重度化しないようにケアプランを作成します。
多面的(制度横断的)支援の展開 地域の高齢者の実態の把握や、虐待への対応など高齢者の権利擁護を行います。
包括的・継続的マネジメント事業 ケアマネジャーや主治医と連携をとり、長期的な継続されたケアマネジメントの実施を行います。
高齢者・家族への支援 高齢者や、その家族に対する総合的な相談・支援を行います。

専門職の人が皆さんを支えます

地域包括支援センターでは、介護、福祉、保険の専門職の人がひとつのチームとなり、地域で暮らす高齢者を支援します。

地域包括支援センター

カテゴリー

お問い合わせ

住民福祉課 地域包括支援センター

電話:
026-255-4214
Fax:
026-255-6207

お知らせ

イベントカレンダー

人事・職員募集

このページの先頭へ