HOME記事熱中症に注意しましょう

熱中症に注意しましょう

LINEで送る

 熱中症は、周りの温度に体が対応することができず、体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れ、体温の調節機能がうまく働かないなどが原因で起こります。毎年7月から8月に多く発生し、特に梅雨明け後、急に蒸し暑くなる7月には、体が暑さに慣れていないため、例年熱中症による救急搬送者数や死亡者数が急増しています。特に、小さい子どもや高齢者、体調不良の人などは熱中症になりやすいので注意が必要です。

熱中症は予防が大切

 熱中症は、外出時だけでなく、室内でも多発しています。室外・室内にかかわらず、熱中症を防ぐために次のことに気をつけましょう。

  • 気温・室温に注意し、暑さを避ける
  • 服装を工夫し、体温の上昇を防ぐ
  • こまめに水分を補給する(汗をかいた時は塩分の補給も忘れずに)
  • 急に暑くなる日に注意する
  • ウォーキングなどの運動で、暑さに備えた体づくりをする
  • 体力や体調を考慮する
  • 集団生活の場ではお互いに配慮し、無理をしない

熱中症になったときには

熱中症が疑われる症状は

 熱中症の危険信号として、以下のような症状が現れます。

  • 高い体温
  • 赤い・熱い・乾いた皮膚(全く汗をかかない、触るととても熱い)
  • ズキンズキンとする頭痛
  • めまい、吐き気
  • 意識の障害(応答が異常である、呼びかけに反応がない等)

応急処置

 熱中症を疑ったときは、落ち着いて対処しましょう。

 自分の力で水分の摂取ができない場合は、すぐに医療機関を受診しましょう。また、呼びかけに応じないなど意識障害が見られる場合は、症状が重くなっているため、すぐに救急車を呼びましょう。

環境省 熱中症予防情報サイト

 環境省では、熱中症を未然に防止するため、熱中症予防情報の提供を行っています。

環境省 熱中症予防情報サイト

暑さ指数(WBGT)とは

 暑さ指数(WBGT(湿球黒球温度):Wet Bulb Globe Temperature)は、熱中症を予防することを目的として1954年にアメリカで提案された指標です。 単位は気温と同じ摂氏度(℃)で示されますが、その値は気温とは異なります。暑さ指数(WBGT)は人体と外気との熱のやりとり(熱収支)に着目した指標で、人体の熱収支に与える影響の大きい (1)湿度、 (2)日射・輻射(ふくしゃ)など周辺の熱環境、(3)気温の3つを取り入れた指標です。

信濃町の暑さ指数の状況

カテゴリー

お問い合わせ

住民福祉課 保健予防係

電話:
026-255-3112
Fax:
026-255-6207

お知らせ

イベントカレンダー

人事・職員募集

このページの先頭へ