HOMEくらし・手続き上水道・下水道安くておいしい信濃町の水道水!

安くておいしい信濃町の水道水!

LINEで送る

信濃町の水道水

「おいしい水の要件」

おいしい水の要件とは、昭和60年に厚生労働省が専門家11人で組織した「おいしい水研究会」を設置し、おいしい水を「快適に飲める安全な水」と定義し、人がおいしいと感じる水の水質や水温を数値で表したものです。信濃町の水道水は厚生労働省が定める水質基準値を大幅にしたまわり、おいしい水の要件すべてに適合しています。

水質基準値と信濃町の数値比較表
水質項目 基準数値 信濃町の数値
(平均値)

蒸発残留物

主にミネラルの含有量を示し、量が多いと苦み、渋みが増し適度に含まれると、コクのあるまろやかな味がする

30~200mg/L 66.6mg/L

硬度

硬度が低いと癖がなく、高いと好き嫌いが出る。カルシウムに比べマグネシウムが多い水は苦みを増す

10~100mg/L 24.3mg/L

過マンガン酸カリウム消費量

有機物質量を示し、多いと渋みをつけ多量に含むと塩素の消費量に影響して水の味を損なう

3mg以下 1.4mg以下

残留塩素

水に、カルキ臭を与え、濃度が高いと水の味をまずくする

0.4mg以下 0.2mg

水温

水温が高くなると、あまりおいしくないと感じられる。冷やすことによりおいしく飲める

20.0℃以下 13.6℃以下

水道水とペットボトル飲料水の違い!

料金比較
  水道水 ペットボトル飲料水(500ml、定価140円)
1リットル当り 0.13円 280円
1000リットル当り(1m3) 130円 280,000円

厚生労働省で定めた水道水、ペットボトル飲料水の基準値、適合したものを水道水、ペットボトル飲料水という。

検査項目と基準値
検査項目 水道水
(50項目)
清涼飲料水
(26項目)
ミネラルウォーター
(18項目)
一般細菌(1m/l) 100以下 100以下 100以下
大腸菌 検出されないこと 検出されないこと 検出されないこと
カドミウム及びその化合物 0.01mg/l以下 0.01mg/l以下 0.01mg/l以下
水銀及びその化合物 0.0005mg/l以下 0.0005mg/l以下 0.0005mg/l以下
セレン及びその化合物 0.01mg/l以下 0.01mg/l以下
鉛及びその化合物 0.01mg/l以下 0.1mg/l以下 0.05mg/l以下
ヒ素及びその化合物 0.01mg/l以下 0.05mg/l以下 0.05mg/l以下
六価クロム化合物 0.05mg/l以下 0.05mg/l以下 0.05mg/l以下
シアン化物イオン及び塩化シアン 0.01mg/l以下 0.01mg/l以下 0.01mg/l以下
硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素 10mg/l以下 10mg/l以下 10mg/l以下
フッ素及びその化合物 0.8mg/l以下 0.8mg/l以下 2mg/l以下
ホウ素及びその化合物 1mg/l以下 30mg/l以下
四塩化炭素 0.002mg/l以下
1・4-ジオキサン 0.05mg/l以下
1・1-ジクロロエチレン 0.02mg/l以下
シス-1・2-ジクロロエチレン 0.04mg/l以下
ジクロロメタン 0.02mg/l以下
テトラクロロエチレン 0.01mg/l以下
トリクロロエチレン 0.03mg/l以下
ベンゼン 0.01mg/l以下
クロロ酢酸 0.02mg/l以下
クロロホルム 0.06mg/l以下
ジクロロ酢酸 0.04mg/l以下
ジブロモクロロメタン 0.1mg/l以下
臭素酸 0.01mg/l以下
総トリハロメタン 0.1mg/l以下
トリクロロ酢酸 0.2mg/l以下
ブロモジクロロメタン 0.03mg/l以下
ブロモホルム 0.09mg/l以下
ホルムアルデヒド 0.08mg/l以下
亜鉛及びその化合物 1mg/l以下 1mg/l以下 5mg/l以下
アルミニウム及びその化合物 0.2mg/l以下
鉄及びその化合物 0.3mg/l以下 0.3mg/l以下
銅及びその化合物 1mg/l以下 1mg/l以下 1mg/l以下
ナトリウム及びその化合物 200mg/l以下
マンガン及びその化合物 0.05mg/l以下 0.3mg/l以下 2mg/l以下
塩化物イオン 200mg/l以下 200mg/l以下
カルシウム、マグネシウム等(硬度) 300mg/l以下 300mg/l以下
蒸発残留物 500mg/l以下 500mg/l以下
陰イオン界面活性剤 0.2mg/l以下 0.5mg/l以下
ジェオスミン 0.00001mg/l以下
2-メチルイソボルネオール 0.00001mg/l以下
非イオン界面活性剤 0.02mg/l以下
フェノール類 0.005mg/l以下 0.005mg/l以下
有機物(全有機炭素(TOC)の量) 5mg/l以下 10mg/l以下 12mg/l以下
pH値 5.8以上8.6以下 5.8以上8.6以下
異常でないこと 異常でないこと
臭気 異常でないこと 異常でないこと
色度 5度以下 5度以下
濁度 2度以下 2度以下
有機リン 0.1mg/l以下
バリウム 1mg/l以下
硫化物 0.05mg/l以下
詳しくは厚生労働省ホームページ⇒ 水質基準に関する省令 食品、添加物等の規格基準
ミネラルウォーター類(容器入り飲料水)の分類
分類 品名 原水 処理方法
ナチュラル
ウォーター
ナチュラル
ウォーター
特定水源より採水された地下水 ろ過、沈殿及び過熱殺菌以外の物理的、科学的処理を行わないもの
ナチュラル
ミネラル
ウォーター
特定水源より採水された地下水のうち、地下で滞留又は移動中に地層中の無機塩類が溶解したもの、鉱水・鉱泉水等
ミネラル
ウォーター
ミネラル
ウォーター
ナチュラルミネラルウォーターの原水と同じ ろ過、沈殿及び過熱殺菌以外に次の処理を行ったもの
  • 複数の原水の混合
  • ミネラル分の調整
  • ばっ気
  • オゾン殺菌
  • 紫外線殺菌
ボトルド
ウォーター
ボトルド
ウォーター
又は飲用水
飲用適の水・純水・蒸留水・河川の表流水・水道水等 処理方法の限定はなし

参考:農林水産省「ミネラルウォーター類(容器入り飲料水)の品質表示ガイドライン」(1990年3月)

カテゴリー

お問い合わせ

建設水道課 水道係

電話:
026-255-2962
Fax:
026-255-4470

お知らせ

イベントカレンダー

人事・職員募集

このページの先頭へ