HOMEくらし・手続き戸籍・印鑑登録・住民登録通知カード・個人番号カード

通知カード・個人番号カード

LINEで送る

マイナンバーとは

国内に住民票を有する全ての方(中長期在留者や特別永住者などの外国人を含む)が持つ12桁の番号のことです。マイナンバーは社会保障・税・災害対策の分野で個人の情報を適切かつ効率的に管理するために活用されます。マイナンバーは一生使うものですので大切にしてください。番号が漏えいし、不正に使われる恐れがある場合を除き、マイナンバーは一生変更されません。

リンク:社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)について

通知カードについて

皆さまにマイナンバーをお知らせするために、平成27年10月以降「通知カード」が住民票の世帯ごとに簡易書留で送付されます。
通知カードの券面には、氏名・住所・生年月日・性別の基本4情報と12桁のマイナンバー(個人番号)が記載されます。通知カードは全ての方に送られますが顔写真が入っていませんので、本人確認の時には別途顔写真が入った証明書などが必要になります。
また、通知カードを紛失された場合、再交付には手数料が必要となるだけでなく、市区町村の窓口では即日交付できず、お渡しまでに時間を要しますので通知カードの取扱いにはご注意ください。

※通知カードイメージ
参考(切り取り線以下は個人番号カードの申請書です)

通知カードイメージ

個人番号カードについて

通知カードでマイナンバーが通知された後に市区町村に申請することで、平成28年1月以降に個人番号カードの交付を受けることができます。申請書は通知カードと一緒に郵送されます(※上記通知カードイメージ参照)。
個人番号カードの券面には氏名・住所・生年月日・性別・マイナンバーなどが記載され、さらに本人の顔写真も表示されるため、身分証明書として利用できます。個人番号カードの有効期限は20歳以上の方は10年、20歳未満の方は容姿の変化を考慮して5年とされています。なお、カードに搭載されるICチップには券面に書かれている情報のほか、電子申請のための電子証明書が記録されますが、所得の情報や病気の履歴などの機微な個人情報は記録されません。そのため、個人番号カード一枚から全ての個人情報が分かってしまうことはありません。

リンク:「個人番号カード総合サイト」

既にお持ちの住民基本台帳カードは有効期限まで利用できますが、個人番号カードとの重複所持はできません。住民基本台帳カードをお持ちの方で個人番号カードの交付を希望される場合は、交付時に住民基本台帳カードを回収させていただきます。さらに、通知カードと個人番号カードを重複して所持することができませんので、個人番号カードの交付時に通知カードを回収させていただきます。

※個人番号カードイメージ

個人番号カードイメージ

住民基本台帳カードの交付終了について

社会保障・税番号(マイナンバー)制度の導入に伴い、住民基本台帳カードの交付は終了しました。現在お持ちの住民基本台帳カードは券面の有効期間までお使いいただけますが、その満了日をもってカードは失効し更新はできません。
新規に顔写真つきの身分証明書や電子証明書が必要な方は、個人番号カードを申請してください。

ご注意ください

住民基本台帳カードや個人番号カードの発行後に転出などで住所を町外へ異動したときや氏名の変更があったときは、継続してカードの使用ができるよう手続きを忘れずにおこなってください。
※カードは公的な証明書としての利用が可能です。管理には十分ご注意ください。
盗難、紛失、破損などをされたときは速やかに役場まで届出をおこなってください。

カテゴリー

お問い合わせ

住民福祉課 住民国保年金係

電話:
026-255-6820
Fax:
026-255-6207

お知らせ

イベントカレンダー

人事・職員募集

このページの先頭へ