HOMEくらし・手続きごみ・リサイクル廃棄物の野外焼却(野焼き)禁止について

廃棄物の野外焼却(野焼き)禁止について

LINEで送る

野外焼却(野焼き)の禁止について

廃棄物の野外焼却は、「一部の例外」および「構造基準を満たした焼却炉による焼却を除き」、廃棄物の処理および清掃に関する法律で禁止されています。

「野外焼却禁止の理由」や「野外焼却の例外規定」について説明しますのでご確認ください。 

野外焼却禁止の理由

野外焼却禁止の理由は、「廃棄物の種類」にもよりますが、燃焼温度の低さが原因となりダイオキシンなどの有害物質が発生し、人の健康や自然環境に深刻な影響を与える危険性があります。

野外焼却の禁止は、法律(廃棄物の処理および清掃に関する法律)を根拠に、人の健康や自然環境への影響を考慮し禁止されています。

野外焼却禁止の例外規定について

野外焼却の例外規定は、廃棄物の処理および清掃に関する法律で定められています。

ここでは、主な例外規定を紹介します。

ただし、例外にあたる場合でも、苦情があった場合は行政指導等の対象となりますので、燃やす量や風向き、時間帯を考えて周りに迷惑(煙や匂いなど)をかけないように必要最小限とするようお願いします。

1.風俗慣習上または宗教上の行事を行うために必要な廃棄物の焼却

例:どんど焼き(正月のしめ縄や門松などを焚く行事)など

2.農業、林業等を営むためにやむを得ないものとして行われる廃棄物の焼却
例:畔の草および下枝の焼却
※マルチ、ビニールハウス、畔シートなどの廃プラスチックは、産業廃棄物となりますので販売店または、ながの農協の収集を利用し適正に処理してください。

3.たき火その他日常生活を営む上で通常行われる廃棄物の焼却であって軽微なもの

例:たき火、キャンプファイヤー等を行う際の木くずの焼却

野外焼却の禁止及び、その例外規定は、「廃棄物の処理および清掃に関する法律」第16条の2を根拠としています。

カテゴリー

お問い合わせ

住民福祉課 環境係

電話:
026-255-5924
Fax:
026-255-6207

お知らせ

イベントカレンダー

人事・職員募集

このページの先頭へ